03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

おフランスざます 

デンパサール早朝便でKLへ 5h待ち後KL空港から羽田行きの中で執筆中。
先日はバリ島で最後の夜ということで久々に酒飲み過ぎてパッキングもせず風呂もなんもせず叩き起され完全二日酔いの中出発、げろをひたすら堪えて空港へ・・・

ブリスベン空港から僅か1時間半程で着くニューカレドニアのトントゥータ国際空港。到着時間が夜遅く中級~高級ホテルばかりの首都の中唯一一泊1200円程で泊まれるYHAがあったんですがレセプションは閉まってるのでそのままセキュリティのお兄ちゃんと二人で空港泊。首都ヌメアから車で一時間はかかる辺鄙な場所にある空港なんですがどうやってもトランスポートは2400円、カーシュッドといわれる中距離から長距離のぱぶりっくばすだと640円とだいぶ違う。早朝6時乗車なのに鬼渋滞で1時間は遅れる結果^^;学生の通学バスにもなってて後ろで物音して振り返ったら俺の後ろで女の子ぶっ倒れてるし!!!意識ないし!!ドライバも焦って話しかけるが普通に起きて何事もなく再スタート!?今後南国ならではのこのユル~イ”スローライフ”にハメられ続けます(笑)普段はいいけど要所では時間守ろうね^^

YHAは[オーベル ジェ ジュネス] FOLの丘という街を一望できる丘があるんけどそのすぐ手前。好立地かと思いきや自炊生活が当たり前なので買い物いく度毎回上り下りなもんで行きはよくとも帰りがキツキツ。冷蔵庫に食器棚に部屋も全て自分用のカギ付きで管理でき設備面は過去最強のYHA。観光客は僅かで拠点にして仕事探しや住んでる人ばかりでしたね。アジア人は一人もいませんでした。

IMG_4206.jpg本やパンフなんかでよく使われるニューカレ紹介の写真はここから撮影したものが使われるそうな

IMG_4204.jpg上の写真にもうつってるキリスト教会。内部は撮影禁止

嫌な人は国関わらずいるもんだけどフランスやイギリスはいいイメージあんまなかったんですね、周りほぼフランス人での生活は初だったんけど上から目線の差別的な視線を受ける事はほぼ無くて逆に色々と親切にされたし助けられて大分印象変わったかも。保守的な同人種で固まるアホはいたけどそれはそれとして(見ていて滑稽だった、寄生虫かおのれは!!)

フランス語が公用語で英語はサッパリ通じません。そのせいで色んなシチュエーションで苦労しましたね。そんでも身振り手振りの伝えようとする気持ちでお互い分かり合えるしなんとかなるもの・・それに何気にフランス語って日常の中で聞いた事ある言葉結構あるんですね。メルスィー ジュブザンプリ ジェマベール~ ボンボヤージュ とか数字なんかはバレエのレッスンで聞くアン ドゥ トゥワ とか。人に声かけるとき男性なら「hey Mr!!」とか使うけど初めて自分が「ムッシュ~!!」って言われた時は(えーwwwwムッシュ~って柄じゃねえょお~w)と吹きそうになっちゃいましたね(笑)

書いててイキナリ総括なってるぽいからまぁ写真いきますわ

ヌメア中心のココティエ広場からカーシュッドとはまた違うロコバスが色んな路線出てるんですがアンスバタ方面の1番ラインにのって行くとタクシーボートで手軽に行ける無人島があるんすね。帰りの時間指定して往復800円は良心的。島には飲食出来る店ありますが高いので持参して日帰りピクニックなんていかがでしょうか。バスが10分程、ボートは5分程で到着のカナール島。

IMG_4209.jpg水は結構冷たいけど一度浸かれば大丈夫v出た直後は寒いけどね

IMG_4217.jpg同部屋にいたドイツ人と周りはフランス人しかいないので外国人同士って事で意気投合して遊ぶ。周りからは国際ゲイカップル思われただろうな・・



毎日就航と勘違いしていた船便ベティチョ号。水曜 土曜 日曜 のみ朝7時出航しかないす。ニューカレで最も人気のある行き易い島「イルデパン」往復8千円也

船下りて徒歩で宿まで向かう。バックパックが25キロもあってかなりきつい、途中クト湾とカヌメラ湾に分かれるY字で左に行くのは自分だけ・・「ジットクベルカ」か「ジットナワイダッチ」キャンプ出来る宿が二つの中自分が選んだクベルカの方が数百円安く一泊1200円程だったんだがゲストは自分だけw

IMG_4220.jpgAUSで買ったバーナーとヌメアで買ったボンベの規格が違って使えないと言う悲しいお知らせがTT夜は雨が多く後半日中から天気愚図つく事多くて苦労しました。

IMG_4288.jpgレンタルサイクルで島東部にある最大の村バオ村までがんばってみる!

IMG_4352.jpgカヌメラ湾近くの人一人いない通り。古い木でトンネル出来ててなんともいえないいい雰囲気。ニューカレの島って村というより所々数軒の家が林の中にあるんでいきなり子供とかが林からニョキっと出てきてノンビリ歩いてる事あります。観光客は車だし自分は歩く事多かったからよく子供達と歩いてた。登山すると挨拶するマナーあるけど車とすれ違うとみんな挨拶する習慣みたいでいく方向が同じならヒッチハイクもザラのようでしたね

IMG_4317.jpgバオ村中心にある教会

IMG_4296.jpgAUSとは違って木の軋む音が心地いい。使ってる材木が違うのかな?島ならではの教会といった感じで近くの学校で遊ぶ子供達の声と差し込む光がまたなんとも良かったです

IMG_4304.jpgちょっと驚いたのがキリスト貼り付け前後の過程を描写した絵がここでは彫り物で展示されてました。本来は絵なんだろうけど彫り物の方が手間隙かかるだろうし案外精巧に作られてて驚かされた

IMG_4329.jpgバオ村近くのビーチにて。

IMG_4347.jpgビーチ帰りにギアチェンしたらチェーンが外れる、あらまぁ・・と油まみれで直してるとチェンジのギミック自体がぶち壊れてる事に気づき途方にくれる・・これじゃあ漕げないしまじでやばいなぁ・・どうしたもんか、近くの民家から声がするし船が見えたんで工具くらい貸してくれるかなー?と駄目元で突撃したら凄いウェルカムで飯やコーヒー出され、しまいには泊まってけ!とか本当助かった^^ハッパで完璧キマッテル奴がいてとにかく絡んでくるw帰りヒッチハイクでクトまで着いてきてくれた。

そして懲りずにクトから今度は北を目指す。日暮れまで2時間あるしどこまで行けるかチャレンジ。地図の縮尺で6キロ北にパン屋があるので向かうも分からない@@;ノリで10㌔程漕いで諦め帰還www

IMG_4355.jpgノンビリした風景

IMG_4358.jpg山の頂上に十字架ぶっささり麓に明るいお墓があって絵になる




スポンサーサイト

[edit]

« 魚がいっぱいイルデパン  |  あのPKはなくね!? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://buhijiro.blog.fc2.com/tb.php/97-787eb384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

天気予報

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2プロフ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。