09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

ハプスブルク家のブルジョワ具合 

只今ドイツの田舎町リンブルグに滞在中

ネパールで知り合ったドイツ人日本人カップルがいまして、彼の実家にお世話してもらってます、屋根裏部屋で寝泊まりし食事はお母さんの手作り料理、山や森に出かけ先日はオクトーバーフェスに参加しにミュンヘンまで行ってきました。

イタリア辺りからどうも旅自体に飽きてきてるのか色々思う事もありぱっとしない。

どこも綺麗でシステムもしっかりしてる分物価が上がりラウンドするのが疲れるのもあるかもしれない。

急いで観光地見ておかなくちゃ。

滞在無駄に出来ない。

だけども見所は沢山あるし日本から遠いしこの機会に見ておきたい。

なんだか「観光名所稼ぎ」になってる気がする。

世界一周でもなんでも「国稼ぎ」のように。

街歩いてても話しかけられないし現地人との触れ合いがあんまり無いからかもしれない、アジアや中東を旅してきた人には一度位この「物足りなさ」を感じた人もいるんではなかろうか。

まぁ先延ばしになってたオーストリア最後のシェーンブルン宮殿いきます。

巻で書かないととかほざいてたくせに全然また更新してないからね(苦笑)

この調子だと帰国までまともに記事追いつかないです。

リアルタイム更新してる人はほんとに凄いわ=w=;

纏めて記述するのが大変だったんで刻みましたけどね

この宮殿は17世紀末に建てられたそうでとにかく広い

マリアテレジアと政略結婚させられたマリーアントワネットもここに住んでたらしい

IMG_8472.jpg
向かう途中、というか街中に普通にバイオリンとか売ってるし

IMG_8475.jpg
ジューハーブ(口琴)購入

IMG_8479.jpg
別日かな?もう記憶が無い(笑)緑が多くて羨ましい、毎度おなじみトラムも見慣れた頃ですね

オーストリアの元がハプスブルク家なんで日本で言えば皇居みたいなもんですかね、最も今は王政ではないですけど。内部には広大な庭と宮殿にオーストリア名物のアプフェルシュトゥルーデル(オーストリア風アップルパイ)が食べれるベーカリーやカフェなんかあります。

IMG_8496.jpg
とにかく敷地面積は広い。宮殿内部見学だとかは有料なんですが敷地内入る分にはタダなんで地元の人はマラソンしてたりサイクリングしてたり本読んでたり憩いの場、羨ましいなぁ・・この後遠くに見える展望ポイントまで歩きます、てか誰だコイツ

IMG_8511.jpg
向かい側からみた宮殿2km位あるんじゃないかね

ほんと綺麗に手入れされてる、この規模の庭園は見たことかつて無いですね。
噴水に池に植木の迷路(有料)食事処にカフェに動物園やらなんやらなんでも揃ってます。

IMG_8521.jpg

IMG_8526.jpg

IMG_8538.jpg

IMG_8508.jpg

IMG_8502.jpg


宮殿内部見学のみや動物園やお菓子見学だとかセットのクーポン券等選んで買えるんだけどオーストリア風アップルパイが同行した男の子がどうしても食べたいっていうもんでお菓子作りも見学。

製造工程をみつつお菓子も食べれます。ティー代金は別でその場で購入。日本でイメージするアップルパイは外はサクサクで少し散らかると思うけどここのはちゃいますね、好みは完全にオーストリアの勝ち!糞旨い!缶詰になってお土産用に売ってるんだけど(中のアップルを)もちろん買えないそんなものは。オーストリア料理にスイーツのレシピ本もあったけど買えない・・ザッハトルテが有名だけど食ってないけどこっちのがもっと有名になるべきだと思うんだけどなぁ~
IMG_8485.jpg

IMG_8481.jpg
外はふんわり中はムースに近い食感でこの国来た人には是非食べていただきたい。

アップルパイの概念変わりますマジで

あ、肝心の宮殿内部ですけど。ハプスブルク家とマリーアントワネットに関する知識ほぼ皆無で感動も無く・・オーストリアの母体がハプスブルク家で始まりは13世紀、終焉を迎えたのはフランス革命の煽りうけたせいで1789年に解体だからかなりの年月旨い飯食ってたんすね。ってのがよくわかる豪華な内装に生活用品。内部写真NGだったんですよね。伝えようがない。というかおもろくなかった・・
スポンサーサイト

[edit]

ウィーン後編 

ドブリーデン!

只今滞在してるのはスロベニアの首都リュブリャーナです

どこよそれ?って?

イタリアの国の例えで有名な長靴のふくらはぎの右にあるのが「紅の豚」の舞台アドリア海なんですが

その海をまたいだ先にあるのがスロベニアと考えてもらえばよろしいかと思います

窓無し4ベッドドミ自分の上の段のフランス美女は寝息かいておりますえ・・

更新先送り検討も巻きでやらんと追いつかんのでコソコソと更新

明日にはドイツ・イタリア・スイス・オーストリアどこの国とも国境に近い街ブレッド湖に移動

オーストリア後半

市内公園にある偉人の銅像目当てに散策、オペラ行った後だったかな
ヨハンシュトラウス シューベルト ベートーベン あとはもう俺は知らない・・おっさんたちの銅像がそこかしこにありますえ 公演は綺麗に手入れされててやたらとベンチが糞ほどある。ヨーロッパのいい所は前回書いたように自転車専用道路が確立されてる+市内もしくは近所に素晴らしい公園がある事ですね

IMG_8444.jpg

IMG_8451.jpg
ガチで寝てたおじいちゃん

IMG_8448.jpg
こいつだれだっけ?シューベルト?モーツァルト?

IMG_8453.jpg
忘れたwwwウィーンの象徴によく使われるらしかったが・・後日調べます

IMG_8458.jpg
ベートーベンだけ何故か公園外に設置されており見学者0・・悲しいねベンさん

自分は調べても無かったんだけど一緒に行動してた大学生がウィーン国立音楽大学を見たいと言うのでお供してみました。手にしてる市内地図には載っておらず観光地でもない為入れるかすら不明だったんだけど既に疲労困憊ながらも迷いつつ地元民に助けられなんとか到着。

門番では断られるの覚悟してたんすけどあっさりOKもらい、更には運のいい事に偶然日本の音大の海外カリキュラムだとかで来ていた方達が発表会してたんでタダで見学させてもらっちゃいました。2週間渡欧してレッスンして発表して帰国らしいがコレがナカナカいいもんでして、素人で詳しくはわからんけど同じ日本人として堂々と演奏してる姿は誇らしかったですね、いい音聞かせてもらいました^^

IMG_8460.jpg
迷いまくって疲れ果てて休んでた謎の噴水広場

IMG_8469.jpg
噂の音大

IMG_8464.jpg
演奏中カメラ音なんか出せる雰囲気じゃなくとてもじゃないけど撮影出来ませんでした
講師の方の説明は撮っても問題なし!

後日シェーンブルーン宮殿行ってるんですが明日は移動の為続きは近日更新します

今日も旅充だったなしかし・・頑張ってる俺!!

[edit]

音楽の都ウィーン 

先日に引き続きやっつけブログ

続きましてオーストリアですがこの国は首都のウィーンのみの滞在に

オーストリアといえばハプスブルク家。元々スイスの小領主に過ぎなかったこの一族は13世紀に神聖ローマ皇帝に選出されてから強大な力を手に入れその後ハンガリーやクロアチアなんかを支配してたらしいんですがフランスと共闘する為の政略結婚で嫁いだのがマリアテレジアの娘マリーアントワネットだとか。

音楽の都で有名なのは皇族や有力貴族の後ろ盾を得て活動していたシューベルト ベートーベン ヨハン・シュトラウスといった学校の音楽でも習った著名人がこの国で活躍したからなんですね。モチロンオペラなんかも古い歴史はあるんですけどね。

まずはオペラハウス見学が5ユーロで出来るらしいのでフラフラ目指してみました

IMG_8343.jpg
宿近くのウィーン西駅付近、ユーロ圏は今の所どこの国も自転車専用レーンが確立されてまして、そこ歩いてると怒られちゃうくらいなんですね。日本も自転車ブーム来てたけどここらの国のように道路整備はっきりやらないとなかなか厳しいんじゃないかな、とにかく自転車乗ってる人多いしエコやし健康にいいしそうゆう所は素晴らしいですねヨーロッパ

IMG_8345.jpg
同じく西駅付近

IMG_8352.jpg
マリアヒルファー通りをひたすら北上します、謎の教会

IMG_8359.jpg
とにかく暑くてですね。街中に井戸?みたいのあって自然と人だかり出来ますね。ちなみに飲んでも問題ないです。水浴びしてる人なんかもチラホラ

マリアヒルファーをどんつきまで歩き右手に曲がり数分であります国立オペラハウス

個人で入場は不可のようで各国言語ツアーが催行されてるのでそれに便乗しなければいけません、値段は7ユーロ位だったかな?ここにきて久しぶりの直輸入日本人さん大量発生!服装的に気まずい感じもありましたが知ったこっちゃねえ!!下手糞な日本語話すガイドさんによればオペラ鑑賞2ユーロ~250ユーロまでの席があるらしい、年間運営費が100億で半分はオーストリア政府が持ってくれてるらしいっす。ちなみに年間300日以上公演してるんだって

IMG_8365.jpg


IMG_8369.jpg
思った程広くなかった

IMG_8401.jpg
おそらく一番高い席と思われる所から、座席前の段にあるパネルは各国の言語に訳されたテロップが出るらしい、何気にハイテク

IMG_8372.jpg
この時は次の催し物に備えて準備日だったらしく裏方さんが忙しなく仕事してました。こんなガイドツアー邪魔ったらしくて仕方ないんだろうなぁ

IMG_8374.jpg
舞台裏も見れます

IMG_8378.jpg
相方いたんで監督気分で一応撮影

IMG_8396.jpg
正面玄関はこんなん

「国立」っていうからもっと巨大な建築物をイメージしてたんでちょっと拍子抜けでしたね。10ユーロしないで見学できるんでまぁ一度位は見に来てもいいんじゃないでしょうか、折角ウィーンに来るんだしね。ここ国立オペラ座に限らず付近には何個か劇場もあるしオーストリアだけではなくてポーランドもチェコもそうだったし教会でのピアノや管弦楽器の演奏会なんか毎夜開かれてるんで資金余裕のある方は行ってみてもいいんじゃないでしょうか?自分個人的には大聖堂でのパイプオルガンいつか聞いてみたいんですよね~

その足でオーストリアのスイーツ「ザッハトルテ」本場の味が味わえるホテルザッハに突入も格式高過ぎてタンクトップ入店断られ・・仕方なくローカルフードの「シュニッツェル」の人気店に企画変更

IMG_8434.jpg
歩き方頼みの店選び!

IMG_8437.jpg
何だろねコレ、メンチカツみたいな感じでしょうか?デカさと味と歴史で有名らしいけど俺的に高過ぎるしデカすぎるしこれ単体出てきてどうぞって言われてもね・・これ一個パクパクあの店内で食うってちょっと悲しかったな・・結局余って自炊パスタの仲間入りになりました(笑)

IMG_8408.jpg
あ、順番間違えたけどコレが断られた「Sacher Hotel」の入口ね。ザッハトルテで通じるみたいだけどどう読めば「ザッハ」になるのか・・「サッチャー」じゃないですかねどちらかと言うと。そう思いません?思わない?てかいいじゃんねタンクトップ

腹ごしらえも終わりケルントナー通りに戻りでっかい寺院目指します。道が知らない街なだけに迷うわ迷うわ、ツアーのグループが結構いるんでガイドに聞くも「知らないよっ!」ってお前ガイドで知ってるに決まってるやろwとかもあったけど一応これっぽくね?って事で見学。

シュテファン寺院。12世紀ハプスブルク家の支配前にロマネスク様式で建てられ途中からバロック様式で増築されたんだってさ、そこの違いよく素人にはわからんねぇ

IMG_8418.jpg
カメラ目線で邪魔してきたガキ

IMG_8431.jpg
観光客に水撒いて遊んでたおっさん

IMG_8420.jpg
内部、ここは撮影OKな所みたいね

IMG_8429.jpg
内部

IMG_8410.jpg
あちこちでこういった光景みます。大道芸人にバスキングはホント多い。別にココが音楽の都だからってわけじゃないと後々知るんですけどね。

写真ペタペタ貼る更新ばっかな気がしてきたな最近・・更新するだけまだいいのかしら?(笑)

次回はオーストリア後編でございます。

いつ書けるかなぁ・・

明日はクロアチア首都ザグレブに移動です。

一泊のみですぐさまスロベニアに移動なので時間が無い><

ボスニアから朝晩冷え込んでとうとう荷物になってた冬服が登場しだしました!

最近アジアがちと恋しい・・自分がアジア人だからか落ち着くのかねやっぱし

チャイなんか飲んでゆっくりしたいです

でわおやすみなさいませZzz

[edit]

FC2カウンター

天気予報

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2プロフ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。