07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | 本文: --

神の島はスローライフ 

気がつけば半月更新無しという。。。

たまにチェックするとカウント伸びてるのは分かってたんですがね

更新が妙にだるくなって現実逃避してました。申し訳ないですtt

ちょいと明日から北海道まで原チャリツアー開催なのでいい加減更新せねばとPCに向かってるわけです。


大分遅れましたが今回の旅最後の記事になりますウベア後編

前回書いたように現金をどうしても作らねばならなかったので三日目の朝

中部以北の銀行に向かう約束をしたPAMとJAOとスナックファシで待ち合わせ

ジャオがどこにもいない@w@?聞いてみると多分家近くで泳いでるんじゃね?との事

まぁ両替今日中に出来ればいいかと家まで船で向かう。。数分探して沼で泳いでるの発見

何故あの小汚い沼で泳ぐのか理由は不明 この時点で40分遅れなのだが更に

まぁ一服するべとハッパ&ティータイム。。。

その後約2時間遅れでファシに戻りやっとこさ銀行かと思いきやヒッチハイクしだすジャオ

前日自信満々で「俺に任せろやっ!!」つってたのに結局他力本願かいwww

まぁ車もってるような経済力は生活見てりゃないのは分かってたけどさぁ・・

てっきり友人登場かと思ってたらこれだもんな(笑)

見てると白人の車は交渉せず他の村人の車か見極めてやってましたね、フランス系移民は冷たいのかな


IMG_4547.jpg勝手に掲載、車あんま乗らないのかご機嫌なパム。彼は貝殻拾いや虫や小動物が好きな心優しき男。英語LVは5。ジャオより僅かながら英語が理解出来る為彼等と話す時通訳を期待するのだが語学LVが低すぎる為ほぼボディランゲージでのコミュニケーションでした。生活LVはとてもフランスではないのに言語はきっちりフランス語が根付いてるニューカレ。一世代ではこうはならんだろうし数世代続くとこうもなるのかと実感。元々はバヌアツやパプアにソロモン諸島での公用語のビスラマ語だったと思われる。

ブヒの名前の一部に「オト」があるので外人さんに自己紹介する時僕は「オト」ニックネームだよ~って言うんですね。覚えやすいようにそうしてるんだけども、ウベアの関わった人等はコミニケーション取るのが大変だけど何かあったとき物を指すときファシのおばちゃんたちもみんなして「オト!」「オト!!」「オト!!!」とか酷いとひたすら「グッドゥ~オトッ!!」ばかりだから可笑しくて笑っちゃうんですね(笑)フランス語がわからなくて申し訳ないのはこっちなのに必死で理解しようとしてくれる、訴えかけてくるその姿勢が憎めないし可愛らしい程でした。


IMG_4540.jpg関係ないけど日々通ってたムリの橋。ファシから徒歩2分の近さ。下見れば予想海底まで深度15m程かと思われるが透明度が凄まじいので橋の上から大量の魚が見える天然の水槽状態。日本の天国に一番近い島の撮影場所でもあったらしいが観光客は数える位で独り占め余裕です。海からの風が心地よくてマッタリしてました。

IMG_4629.jpg毎日汗だくで漕いでたチャリ。イルデパンからチャリ行動多くてケツが崩壊気味でした。もう数日やってたらやばかったな。。



無事銀行で両替も出来たところでお礼をかねて紙巻煙草をご馳走。一番安い銘柄が目に付いたので一人2箱いいよ~って言ったら別の最高級煙草ご指名www薄々気づいてたけどこれで協力的だったのもあるんかい!!元々お礼したい気分だったしまぁいいんだけど少し懐が痛かった・・残念=w=;ウミュ~



IMG_4607.jpg出会った時即「なすび」を連想した。あの人電波少年以来どうしてんだろうか・・俳優転向だっけか、まぁどうでもいっか。彼は英語LV2。大物釣れたらしく客に振舞う前に自慢してきた

IMG_4613.jpg塩ふって小汚いダンボールのせて蒸し焼きするだけ。彼は英語LV0のハッパ馬鹿

IMG_4617.jpgみんなでボケーと暇つぶしトーク中。カメラ扱ったことないらしくとにかくド下手w

IMG_4600.jpg誰もいないビーチで貝殻拾い、


IMG_4554.jpg潮の干満の差で天然の砂島がいくつも出来てます。いつまでいても飽きないビーチ

IMG_4568.jpg天気よくないのもあるしカメラ技術の無さもあるし透明度が上手く伝わらない写真ばかりで残念hありえない位透明な海とキメ細かいパウダーサンドと後は青い空が揃えば神の島ですココは。


最後の夜宿のスタッフに空港までの移動を依頼してたので準備してると誰もいない・・
飛行機の時間ギリギリで発見した毎日支払いの請求してきたママ発見!!
時間ヤベーから急いでるんだけどその車内で支払いトラブル発生www
レンタサイクルに空港送迎費の支払いと岐路の移動のお願いは昨夜済ませたのだが
ホウレンソウが出来てなかったらしく支払ってくれなきゃ困る!!と誤解が生まれ(汗)
フランス語と英語での言い合いで拉致あかず空港係員に通訳してもらい無事誤解解ける

と思いきやここからが凄かったw

この日からのプランはというと
7月5日
ウベア→本土マジェンタ空港→YHA→本土トントゥータ空港→(AUS)ブリスベン空港
           (7時間待ち)
7月6日
(AUS)GC空港→(シンガポール)チャンギ空港→(インドネシア)デンパサール空港
                             (6時間待ち)
7月9日
(インドネシア)デンパサール空港→(マレーシア)KLLCC空港→(JPN)羽田空港
                             (4時間待ち)

バリの知人に会う為中2日滞在での格安チケットだったので乗り遅れは許されない。
何より待ち時間が膨大なので(記憶だとコレくらい)乗り継ぎは問題ないかと思っていれば
大問題の連続。

ウベア発が遅れに遅れてるらしくなんと5時間待ちwww待たせちゃってすんません!とフランスパンとジュースの差し入れがあり、ありえねーわ・・・と半ば呆れ気味のブヒ

本土着後ブリスベン行きのフライトが迫る中YHAにバックパック預け入れしていたのを確保してダッシュで空港行きバス乗車も今度はバスが遅れる始末・・・

空港着後ダッシュでチェックインカウンター向かうと係員が切り上げて一服いく所を引きとめて搭乗可能なるも今度はブリスベン行きが遅れてるという・・・

更に!!

翌日ゴールドコースト空港発も遅れ・・チャンギ空港発も遅れ・・もう呪われてるかと思う程の遅れっぷり。。。
待ち時間無しのフライトだったら間違いなく乗り遅れが発生していたので全てが無駄になる所で心底恐ろしかったですね。バス乗ってる時なんかトロいじいさん殴り倒したくなってましたわwぼけてんじゃねーYOじじぃ!!と

IMG_4635.jpg漁師のおっちゃんと偶然空港で再会、彼のおかげで状況が把握出来た。英語LV8!!

IMG_4638.jpgもうね、みんなスロー過ぎるわ。。5時間ですよ!?普通に地べた座ったりイスで談笑してあまり気にしてない様子。時間に対してテキトー過ぎるわwww


この後バリ島で最後に酒盛りして二日酔いの状態でKL経由で日本帰国、羽田は結構野宿組いますね。ろくに寝れなかったけどもZzz今回の旅では後半イミグレでだるかった事が多くてパスポート写真と本人の顔が違いすぎて列横にされて細かくチェックされる事、露骨に怪しまれ嫌な顔される事、何度かありました。今までは「貴方大分変わったわね~(笑)」で済んでたんだけどそんなに怪しいですか俺

バリでガラム煙草大量買いして申告せず密輸したけど日本では怪しまれなかった・・・
最後にやらかしたんだけど通常出国税と入国税は航空券代金に含まれてるんですね。
インドネシアはイミグレ前にそれぞれ400円ほど払わされるので出国するから使い切っちゃえ!ってのは危険を伴います。実際僕は最後の夜200円程しかもっておらず現地人にお金借りましたtt払わなきゃいけない時点でフライト寸前な訳ですから払えなければ乗れないという事、キャッシュの現地通貨のみなのでこれからいく方は気をつけてください^^;

今回の旅のダメージ

バックパックの故障 キャッシュカードATM飲み込まれ紛失 障害関連での膝及び股関節の異常と痛み 衣類やサンダルに各国で取っておいたコインや紙幣の盗難 AUSの物価大ダメージ AUS人にふられるw ダニ地獄 ゴキブリジュースに蟻まみれパン食す もうとにかく蚊 ダニ ゴキブリ 蟻 謎の虫 にやられました。

良い事もあって異国の人とのコミニケーションをとる事に前より自信がついたかもしれないです。流石に英語も前に比べれば話せるようになってきたし慣れもあるんですかね。意味無くビクつく事も減りました。100LVが最大としたら以前の自分はLV10 今は20LV位にはなったかなぁと偉そうに自己分析。

帰国してから話すけど英語出来なくてもどうにかなるんですよ。子供の時学んだ下地があるし日常生活で英語は溢れてるのが日本。黙らず文法なんか目茶苦茶でいいから必死に話しかければ相手は分かってくれようとしてくれる。びびって黙るのが一番駄目なんだと分かりました今回の旅で、AUSはガンガン来るからちょっとシンドイけどねw

次の旅出発は9月頭か半ばを予定 バリ島経由してバンコクからインド目指します。

とりあえず更新1~2週間止まるかもです。ほんと読んでくださってる方に申し訳ない
   

スポンサーサイト

[edit]

神の海 

帰国してから早一週間が経ちました。
先日友人結婚式に参加しましたがとにかく暑い日で慣れない事頼まれてたのもあって一日中汗がとまらんかったですね(汗)二次会は無く独身族の友人やブヒは不発でしたが・・・

自分は結婚願望まるでないので(大変だろうによくやるな~)と報告聞いたときは感心したもんですが目の当たりにすると小学生から知ってる人間なもんで(大人になったもんだなぁ)と不思議な感覚しましたねぇ。まぁ大変な思いして当日迎えるわけですから喜びもひとしおといった所でしょうね。幸せになってほしいものですな^^

イルデパンで記事は止まってますが一週間テント泊後、本土の首都ヌメアYHAに戻りあまり時間も無いので翌日航空券を深夜購入し早朝にこれまた離島のウベアに向かう。この島は天国に一番近い島として有名で映画化もされてんですね。どんだけ綺麗なのかこの機会逃すとこれなさそうなので往復航空券1万6千円で行ってみました。

YHAにいたフランス人も偶然同じ便でウベアにある日本資本のホテルに仕事で行くとの事でトランスポート代金はタダ。残金が微妙で両替希望も空港には両替所も無く(日本資本のホテルがあんならまぁなんとかなるか)と離陸←この判断が後々面倒な事に・・・

島北部と中部は銀行 郵便 教会 ガソスタ 雑貨店 まぁあるんですけど南部の端に宿予約してたもので苦労することになりましたね、3泊のみだったのでニューカレ伝統家屋の「カーズ」タイプの部屋に宿泊。本だとそこまで高くないので予約していったんですな。

IMG_4448.jpgお世話なったココティエホテル。つか民宿。ガイドブックの価格の2倍近くしてマジビビり!!おそらく近くにある日本資本のリゾートホテルが全面改装で休業中だったからかと・・キャッシュのみ使える民宿なもんで残金がまずい事に・・あてにしてたホテルもやってないしチャリで北部まで35kとかやべぇw


IMG_4451.jpg目の前にあるムリビーチ

IMG_4459.jpg綺麗すぎてやばい!!しかもリゾートホテルやってないから誰もいないとか普通で独占状態です。朝は宿にいるワンコが人懐っこく勝手についてくるので一緒に散歩したり貝殻拾ったりしてました。

先程から書いている島唯一の4つ星ホテル「パラディドゥウベア」の近くに「スナックファシ」なる軽食屋あるんですね。滞在中毎日チャリ漕いでそこで昼食。一応ボックスタイプで400円程。宿だと1000円はするのでオススメです。雑貨屋もやったりやってなかったりだけどココティエ近くに一件あってフランスパン毎朝買ってました。一本100円!鳥の糞すげーついてるの気づかないで最初食べちゃったけどね・・・

一人でいるアジア人珍しいからか一族みんなで経営してる飯屋なんだけど日々良くしてくれてお茶やパンタダでくれたりと感謝しきりでした。あくまで想像だけど生活リズムがおもろくて見ている限りそこでの収入で親戚みんな食っていってる感じ。接客と調理はおばちゃん担当 下ごしらえは息子やオトン 食材調達と漁は親戚とか 材料切れたらお店は終わりと適当なノリです。そこにいた暇人コンビと仲良くなり翌日一緒に彼等の家のある島を案内される。



IMG_4489.jpgファシ真向いの島おそらくファヤワ島。小舟で渡って一周5k位の小島、干満の差を利用して島外縁を回る。これまた彼らに懐いてる犬がお供(この犬何故か右足根元裂けてて理由聞いたら隣人が鉈できっただとか・・菌入って死ぬだろw)

IMG_4483.jpg普段は縁まで海と思われる。足場悪くてビーサン崩壊

IMG_4518.jpgサンゴの上を歩けるので逃げ遅れた熱帯魚とかがいっぱい

IMG_4520.jpgこれも魚

IMG_4528.jpg綺麗な貝殻ひろうと大体中身います

IMG_4481.jpgこんな蟹も

IMG_4485.jpgヒトデもいっぱい

IMG_4496.jpgんでもって天然の洞窟!!すげー@@金取れるよこれツアーにしたらw

IMG_4522.jpg島にある教会。小さくて島ならでは感たっぷし

IMG_4525.jpg前回イルデパンでは彫り物だったんが写真@@写真なら確かに楽だわなw

IMG_4531.jpg見所終わったし店帰るか!と向かうとファシとの間の海が行きとなんか違う@@?

IMG_4532.jpg干上がって船だせねー!!座礁してるw無理矢理船運ぶので手伝うんだがサンゴ足で踏むわ船底で潰すわやりたい放題www彼らの土地だし本人達がきにしないから数分格闘。サンゴって成長するの凄い時間必要でしょhhてか海の住人なんだからそれ位考えて行動しろw

IMG_4536.jpg
結局諦め手漕ぎ船にすっか!とこれまた運ぶw

IMG_4537.jpg大怪我してるのに犬ついてきてるしwwwwなんだか色々おもろい奴らでした

両替しないとレンタサイクルや空港送迎等払えず飯も食えないので島中部の郵便局までチャリで行くも出来ず(20kですよ!!)日暮れ前くたびれて帰るとこのアホコンビが「明日車で北部の銀行いってやるよ!!」と粋なはからい、おそらく友人に車借りるのかなと予想し翌日8時に待ち合わせの約束しこの日は就寝となりましたZzz

IMG_4542.jpgお金ないから中部で買ったパンが晩飯とか><ニューカレきてからひたすらパスタとフランスパンでひもじいtt







[edit]

魚がいっぱいイルデパン 

先日日本帰国して久しぶりの実家のベッドでアホ程寝て先程起床Zzz昔日本旅した時数ヶ月ぶりに自宅帰った際原因不明の熱が出た事あったけど精神的になるとかそうゆう事あるんですね、海外来たばかりの人とかよくそれで体調崩したりする人いてうさんくさい精神的に~っての信じるようなりました。まぁ今回は幸い元気そのものなんですがね

自転車で回るのは不可能という事が判明したので後日原チャリでリベンジする事に、島北部にあるピッシングナチュレルにシュノーケル目的で向かう。海からの海水が欠けた島と本土の間に出来た河に流れ込みエメラルドグリーンの流れのあまり無い天然のプールになっててシュノーケル天国なんですね。目的の場所に着くも誰もいなくて貸切状態!!暫く満喫してると日本人と中国人の国際夫婦に出会い聞いた話だと[イッテQ]でイモトとゆうこりんだっけかな?ロケでここ来てたらしい、珊瑚も流れ込んでて熱帯魚も大きめの魚もいっぱいで楽しかったですね。やはりというか海外で会う日本人は変人多いのか出会ってすぐなのに「いや~ほんとにいっぱい魚がイルデパン!!」言われた時は唐突過ぎてリアクション困ったわ、推定年齢45歳の夫婦は濃かったわw


IMG_4408.jpg駐車場から歩いて河を渡ってジャングル10分程進むとこんな感じ

IMG_4410.jpg生憎天気がイマイチで分かりずらいがとても綺麗なエメラルド

帰りに中部にあるオルタンス女王の洞窟に寄る。まだフランスの侵攻を許す前は民族間で紛争があった島でとある酋長の娘がここで身を隠してたらしく立派な鍾乳洞があるんすね。入り口で番の人がいれば150円程はらっていなけりゃ金置いてくシステム。自分時はおばちゃんがいたんけどスゲー明るくて愛想いいし絵になる人だった

IMG_4404.jpg満面の笑み^^いい人オーラ凄いでてたわ

IMG_4364.jpg5分ほどジャングル歩くと

IMG_4363.jpgデカ!なんじゃこら!!てか俺しかいねーし!!!

IMG_4373.jpg懐中電灯あるけど暗すぎるし怖い・・・人がいないのが怖さを倍増させる、すんごい葛藤あったけど芋引くのが悔しいので勇気振り絞って潜入や!!

IMG_4386.jpg距離は大した事ないけど進むと奥に外界に繋がってる竪穴から光が漏れる。蝙蝠がスゲーいるし足場はぬかるみ結構危ない。びびりまくりながらタイマー撮影。帰りまた洞窟か・・怖い怖い><

島の大きさが結構あって見所が散らばってるからチャリでは限界がある島ですね。天気もイマイチだったのが残念で仕方ない。毎日歩いて20分ほどのジットナワイダッチでツアー組めたりレンタサイクルできるけど目的のノカンウイ島ツアーが毎朝行く度キャンセル出てて結局最終日まで携行人数割れで参加出来なかったTOT(砂で出来た神レベルの島にいけるツアー

pic_nc209.jpg
pic_nc210.jpg
行けなかったので別から転載=w=;でもねっ全然悔しくないんだぜ!この後いった天国に一番近い島ウベアが普通にこれ並だったんだからねっ!!


IMG_4433.jpgほぼ毎日いたカヌメラ湾。一度浸かればなんとかなるけど寒くてきつい中日々シュノーケル。魚はほんと多くて暖かい時期は天国だろうなぁ、ウミヘビいたし見た事ない魚いっぱいでおもろいっす

IMG_4428.jpg子供が巻き糸にルアーつけてなんかしてるので見学

IMG_4427.jpgいともたやすくイカGET!綺麗な目の晩飯

自分の宿には俺しかキャンプいないけどある夜トイレ行くとデカイ蟹が歩いてる!!晩飯おかずGET!!とおもいきやスゲー早くて逃げられwww15ドルの格安テントで直では入らないけど朝露が凄くたれまくり・・蟻がやたらいるのに気づいて数日過ごして原因が判明、バックパックの中にアリの巣が出来てるwwww外にティー飲んだ飯盒置いときゃ翌日蟻まみれだしhなんでかわかんないけど毎晩虫と格闘の疲れた日々だった=w=;朝が近づくとホッとしてましたね。日課は薪拾いと誰もいないクト湾の散歩でノンビリ過ごしてました。

[edit]

おフランスざます 

デンパサール早朝便でKLへ 5h待ち後KL空港から羽田行きの中で執筆中。
先日はバリ島で最後の夜ということで久々に酒飲み過ぎてパッキングもせず風呂もなんもせず叩き起され完全二日酔いの中出発、げろをひたすら堪えて空港へ・・・

ブリスベン空港から僅か1時間半程で着くニューカレドニアのトントゥータ国際空港。到着時間が夜遅く中級~高級ホテルばかりの首都の中唯一一泊1200円程で泊まれるYHAがあったんですがレセプションは閉まってるのでそのままセキュリティのお兄ちゃんと二人で空港泊。首都ヌメアから車で一時間はかかる辺鄙な場所にある空港なんですがどうやってもトランスポートは2400円、カーシュッドといわれる中距離から長距離のぱぶりっくばすだと640円とだいぶ違う。早朝6時乗車なのに鬼渋滞で1時間は遅れる結果^^;学生の通学バスにもなってて後ろで物音して振り返ったら俺の後ろで女の子ぶっ倒れてるし!!!意識ないし!!ドライバも焦って話しかけるが普通に起きて何事もなく再スタート!?今後南国ならではのこのユル~イ”スローライフ”にハメられ続けます(笑)普段はいいけど要所では時間守ろうね^^

YHAは[オーベル ジェ ジュネス] FOLの丘という街を一望できる丘があるんけどそのすぐ手前。好立地かと思いきや自炊生活が当たり前なので買い物いく度毎回上り下りなもんで行きはよくとも帰りがキツキツ。冷蔵庫に食器棚に部屋も全て自分用のカギ付きで管理でき設備面は過去最強のYHA。観光客は僅かで拠点にして仕事探しや住んでる人ばかりでしたね。アジア人は一人もいませんでした。

IMG_4206.jpg本やパンフなんかでよく使われるニューカレ紹介の写真はここから撮影したものが使われるそうな

IMG_4204.jpg上の写真にもうつってるキリスト教会。内部は撮影禁止

嫌な人は国関わらずいるもんだけどフランスやイギリスはいいイメージあんまなかったんですね、周りほぼフランス人での生活は初だったんけど上から目線の差別的な視線を受ける事はほぼ無くて逆に色々と親切にされたし助けられて大分印象変わったかも。保守的な同人種で固まるアホはいたけどそれはそれとして(見ていて滑稽だった、寄生虫かおのれは!!)

フランス語が公用語で英語はサッパリ通じません。そのせいで色んなシチュエーションで苦労しましたね。そんでも身振り手振りの伝えようとする気持ちでお互い分かり合えるしなんとかなるもの・・それに何気にフランス語って日常の中で聞いた事ある言葉結構あるんですね。メルスィー ジュブザンプリ ジェマベール~ ボンボヤージュ とか数字なんかはバレエのレッスンで聞くアン ドゥ トゥワ とか。人に声かけるとき男性なら「hey Mr!!」とか使うけど初めて自分が「ムッシュ~!!」って言われた時は(えーwwwwムッシュ~って柄じゃねえょお~w)と吹きそうになっちゃいましたね(笑)

書いててイキナリ総括なってるぽいからまぁ写真いきますわ

ヌメア中心のココティエ広場からカーシュッドとはまた違うロコバスが色んな路線出てるんですがアンスバタ方面の1番ラインにのって行くとタクシーボートで手軽に行ける無人島があるんすね。帰りの時間指定して往復800円は良心的。島には飲食出来る店ありますが高いので持参して日帰りピクニックなんていかがでしょうか。バスが10分程、ボートは5分程で到着のカナール島。

IMG_4209.jpg水は結構冷たいけど一度浸かれば大丈夫v出た直後は寒いけどね

IMG_4217.jpg同部屋にいたドイツ人と周りはフランス人しかいないので外国人同士って事で意気投合して遊ぶ。周りからは国際ゲイカップル思われただろうな・・



毎日就航と勘違いしていた船便ベティチョ号。水曜 土曜 日曜 のみ朝7時出航しかないす。ニューカレで最も人気のある行き易い島「イルデパン」往復8千円也

船下りて徒歩で宿まで向かう。バックパックが25キロもあってかなりきつい、途中クト湾とカヌメラ湾に分かれるY字で左に行くのは自分だけ・・「ジットクベルカ」か「ジットナワイダッチ」キャンプ出来る宿が二つの中自分が選んだクベルカの方が数百円安く一泊1200円程だったんだがゲストは自分だけw

IMG_4220.jpgAUSで買ったバーナーとヌメアで買ったボンベの規格が違って使えないと言う悲しいお知らせがTT夜は雨が多く後半日中から天気愚図つく事多くて苦労しました。

IMG_4288.jpgレンタルサイクルで島東部にある最大の村バオ村までがんばってみる!

IMG_4352.jpgカヌメラ湾近くの人一人いない通り。古い木でトンネル出来ててなんともいえないいい雰囲気。ニューカレの島って村というより所々数軒の家が林の中にあるんでいきなり子供とかが林からニョキっと出てきてノンビリ歩いてる事あります。観光客は車だし自分は歩く事多かったからよく子供達と歩いてた。登山すると挨拶するマナーあるけど車とすれ違うとみんな挨拶する習慣みたいでいく方向が同じならヒッチハイクもザラのようでしたね

IMG_4317.jpgバオ村中心にある教会

IMG_4296.jpgAUSとは違って木の軋む音が心地いい。使ってる材木が違うのかな?島ならではの教会といった感じで近くの学校で遊ぶ子供達の声と差し込む光がまたなんとも良かったです

IMG_4304.jpgちょっと驚いたのがキリスト貼り付け前後の過程を描写した絵がここでは彫り物で展示されてました。本来は絵なんだろうけど彫り物の方が手間隙かかるだろうし案外精巧に作られてて驚かされた

IMG_4329.jpgバオ村近くのビーチにて。

IMG_4347.jpgビーチ帰りにギアチェンしたらチェーンが外れる、あらまぁ・・と油まみれで直してるとチェンジのギミック自体がぶち壊れてる事に気づき途方にくれる・・これじゃあ漕げないしまじでやばいなぁ・・どうしたもんか、近くの民家から声がするし船が見えたんで工具くらい貸してくれるかなー?と駄目元で突撃したら凄いウェルカムで飯やコーヒー出され、しまいには泊まってけ!とか本当助かった^^ハッパで完璧キマッテル奴がいてとにかく絡んでくるw帰りヒッチハイクでクトまで着いてきてくれた。

そして懲りずにクトから今度は北を目指す。日暮れまで2時間あるしどこまで行けるかチャレンジ。地図の縮尺で6キロ北にパン屋があるので向かうも分からない@@;ノリで10㌔程漕いで諦め帰還www

IMG_4355.jpgノンビリした風景

IMG_4358.jpg山の頂上に十字架ぶっささり麓に明るいお墓があって絵になる




[edit]

FC2カウンター

天気予報

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

FC2プロフ

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。